新型インフルエンザ

「新型インフルエンザ」の有益情報をお届け!

Hito's 王道アフィリへの挑戦〜其の壱・月収5万への道筋

王道アフィリエイトのノウハウ・情報商材について

ご訪問ありがとうございます!

あなたのブログの一日アクセス数がまだ100以下だった場合、
以下のレポートは非常に役に立つはずです。
無料ですので是非活用してください。

「ブログのアクセスを確実に増やす8つの方法」 表紙.bmp

このレポートがあなたのブログのアクセスUPの助けになれば幸いです。
2009年05月22日

新型インフルエンザ

最近、新型インフルエンザがニュースにならない日はないですね。

僕としては、
未だに横浜市内で感染者報告が無いのが不思議です(笑

だってですよ?
感染した女子高生は電車に乗って八王子まで行ったりしてるわけだし。
川崎でも感染者が報告されてるんですよ?

川崎と横浜を行き来した人とかたくさんいるでしょ。

絶対に感染してる人はいるはず。
発症してないだけです(断言
ていうか発症してるのに発覚してないだけかもしれませんねー。




今回、弱毒性という割りに検疫やら何やらがかなり大げさじゃないかという批判があったようです。


確かに手(パー)
と思う部分もなくはないですが。


ニュースとか、その他もろもろの情報番組で専門家が
「豚インフルエンザは弱毒性ですから、パンデミックになったからといって、必要以上に恐れる必要はありません」
と言っているにも関わらず、空港の検疫の光景が同じニュースで流されるわけですよどんっ(衝撃)




怖いじゃないですか。




感染したらどうしようって思うじゃないですか。







でもexclamation×2

今回はある意味実験的な意味でもあったんです。
明らかに弱毒性のウイルスに対しての対応ではなかったですよね?

豚インフルエンザって、つまりは
「通常のよりも感染しやすいインフルエンザ」
ってことじゃないですか。

免疫持ってない分、感染しやすい。
けど、そんなに致死率とかは高くない。

そういうことなんですよ。



じゃあ何であんなに大掛かりな対応だったのか。






ズバリ、鳥インフルエンザに向けてですよ。



強毒性の鳥インフルエンザが流行しだしたら?
フェーズ4・5を叩き出したら?

日本はそれを防げるのか。



その試験的な意味もあったんですね。






でも結果。



分かりましたよね?



防げないんですよどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)





しかも日本は感染が早いんです。




満員電車の影響でもうやだ〜(悲しい顔)


まぁそれだけじゃないにしても、
とにかく他国に比べて感染が早いんですよ。





いかに個人の取り組みが大切か、ですね。これからは。


鳥インフルエンザのような強毒性のウイルスの感染は

1、世界で人から人への感染が認められる

この時点で食料の備蓄が推奨されます。


2、国内感染が認められる

ここまでくると、外出を控えることが推奨されます。



ちなみに食料の備蓄は最低でも二週間、家から出ずに生活できるだけの量が最低限と言われています。



みなさん、用意はできていますか?




鳥インフルエンザが、もし冬に来たら?


考えるだけで恐ろしいですね。



最悪の場合(と言っても結構な高確率で)、都市機能の麻痺が考えられます。




生き抜く力、備えを各家庭に。








好きな女性を振り向かせる連絡の取り方!  〜mind set for mail〜
posted at 02:34 | 🌁
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:医療
エントリー:新型インフルエンザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。