自己アフィリでアフィリを理解する

「自己アフィリでアフィリを理解する」の有益情報をお届け!

Hito's 王道アフィリへの挑戦〜其の壱・月収5万への道筋

王道アフィリエイトのノウハウ・情報商材について

ご訪問ありがとうございます!

あなたのブログの一日アクセス数がまだ100以下だった場合、
以下のレポートは非常に役に立つはずです。
無料ですので是非活用してください。

「ブログのアクセスを確実に増やす8つの方法」 表紙.bmp

このレポートがあなたのブログのアクセスUPの助けになれば幸いです。
2009年07月27日

自己アフィリでアフィリを理解する

応援お願いします→人気ブログランキングへ


今日は「自己アフィリエイト」について説明します。


自己アフィリエイトとは、
その名の通り、自分で(に?)アフィリエイトすることです。


例えば、
資料請求プログラムのアフィリエイトリンクを
ブログに貼ったとしましょう。


本来であれば、
ブログに来てくれた人がクリックして、
資料請求してくれれば報酬発生ですね?



自己アフィリエイトでは
その「資料請求」を自分でやってしまいます。

そして自分で報酬をもらうわけです。



え、いいの?
そんなの有りなの??



有りなんです(笑



このやり方は普通に色んなところで
紹介されているやり方なので実行しても何の問題もありません。


ただ、
プログラムによっては自己アフィリエイト自体を
認めていないものもあるので注意です。


認めていないといっても、
報酬が入らないだけで、
特にお咎めを受けたりは有りませんのでご安心を(笑




ASPで言えばJanetとかだと
「自己アフィリエイトOK」という項目にチェックを入れれば
自己アフィリ可能なプログラムがリストで出てきます。


項目が無ければ、
検索窓に「自己アフィリ OK」と入れましょう。
OKはokの方が良い場合もあるので両方試してみてください。


クレジットカードなど、
ネットビジネスでは結構使うので作っておいても損はありません。

しかもクレジットカードは報酬が高いのでオススメです。
一件で1000〜4000円くらいはもらえます。


お小遣い稼ぎ&練習くらいのつもりで軽くやってみましょう。


ちょっと気合入れてやれば2万くらいにはなりますよ。


そして、
そうやって、自分で実際に報酬が入るのを体験することで
アフィリエイトの仕組みを理解できると思います。


頭で理解はしていても。


例えば、
報酬がどれくらいで確定され、
どれくらい経ったら振り込まれるのか。

申し込むのが意外と面倒くさいこと。


こういったことは体験してみて初めて分かりますよね。


意外と面倒くさいです、作るの。


これは、本格的にアフィリエイトを始めて
ブログの読者にカードを作ってもらう段階で生きてきます。


だって、面倒臭いの知ってるじゃないですか。


そしたら、簡単には作ってくれないってこと、分かりますよね?


ただリンクを貼ってるだけじゃ絶対作ってもらえません。


ではどうしたら作ってもらえるのか。



これは、自分で体験してから考えるのと。
体験しないで考えるのでは大きく違うと思いますよ。


是非一回体験してみてください。自己アフィリ。

商材を買う軍資金にもなりますしね。


ちなみに、
楽天のカードを自己アフィリで作ってから
書いた記事がこれ↓
http://hitohitonikki.seesaa.net/article/123732083.html


これがいい記事だ、というわけではないのですが^^;
要はこんな感じで記事を書いていくわけですね。



応援お願いします♪→人気ブログランキングへ
posted at 00:13 | ☀
Comment(1) | TrackBack(0)
カテゴリー:アフィリエイト
エントリー:自己アフィリでアフィリを理解する
この記事へのコメント
こんばんは^^

アフィリエイト戦略家 maxです。


自己アフィリは
商材の購入資金を抽出する為に

使いましたね・・・。


いい思い出です。



応援済みです^^
Posted by max@オリジナル特典が・・・。 at 2009年07月27日 03:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124337099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。